雑記

【亜急性甲状腺炎】診断されるまでの経過ログ。電話診療はよろしくないと実感した出来事。

40度と表示された体温計

東京オリンピックが開催されたこの夏、コロナが猛威をふるいましたね。

8月末に、私は亜急性甲状腺炎になりました。

体調を崩してから亜急性甲状腺炎と診断されるまでに10日間を要しました。

もっと早く診断されてたら、もうちょっとつらい思いをせずに済んだかもしれない。

発熱の原因がわかるまで、肉体的にはもちろんですが、精神的にもきつかった!

コロナの不安が大きかったです。

1週間以上、39~40度の熱が続いたので!

何度もPCR検査が陰性でも、偽陰性で実は陽性だったって綾瀬はるかがこの時期にニュースになっていたし・・・。

電話診療ではなく、しっかり問診してもらえれば、医師に甲状腺の腫れに気が付いてもらえただろうなというのが、今回の後悔でした!

コロナ禍では発熱患者ってなかなか医師に診察してもらえないんですね。

電話で経緯を説明して、コロナでもただの風邪でもない、もしかしたら甲状腺が腫れてるってことまで伝えないと、直接診察してもらえませんでした

クリニックも医師が感染したらシャレにならないから、仕方ないことです。

それに、私も発熱で正常な判断ができていなかったという反省点もあります。

とりあえず元気になれたから良かったです。

亜急性甲状腺炎と診断されるまで、どんな経過だったか書き留めますね。

亜急性甲状腺炎になった私の経過

亜急性甲状腺炎は、甲状腺が炎症を起こした状態です。詳しくはクリニックなどのブログを読んでくださいね。

私の場合は、8月にランニングを頑張りすぎたのと、夜間の冷房が良くなかったと思うのですが、風邪気味になり喉が痛くなりました。

と、いっても熱はなく喉が痛いだけなので、構わずランニングしてたんですね。

夏休みで小学生2人と2歳児と毎日過ごす日々。特に何もしてないけど、割とハードワークであることはご想像できるでしょうか・・・。

色々と体力気力が落ちていたのだと思います。

月末に38度。コロナを疑いPCR検査すべきか迷う(発熱1日目)

8月の月末、夕方に38度の発熱がありました。当時、コロナの第5波が猛威をふるっていました。

濃厚接触者ではないけど、コロナに罹患してる可能性は無くはない。

ただの風邪だろうけど、発熱してるのだから、周りに迷惑かけないためにPCR検査を受けておこうと思いました。

かかりつけのクリニックでコロナのPCR検査実施と診察(発熱2日目)

発熱してるので、診察前にクリニックに電話が必要でした。

コロナか、コロナじゃないか。

ただそれだけ確認できればいいという軽い気持ちでクリニックへ。

さっさっさっと診察してもらい、濃厚接触者というわけでもないし、可能性は低いけれど一応PCR検査をして、熱が辛ければロキソニンを飲んでねってことで帰宅しました。

あまりにも診察が簡単だったので、ちょっと不信感を持ってしまいました(汗)

今思えば、可能性は低くても発熱しているんだから、コロナ陽性の可能性があるのだから診察も簡単になりますよね。

この時も喉が腫れていたのですが、特に甲状腺が腫れてるとは言われませんでした。

検査したのが土曜だったので、月曜の日中に検査結果がわかります。

検査結果が万が一陽性だったら大変なので、土日は家族で家で過ごし、月曜も検査結果が朝は出てないので、小学生二人は学校を休みました。

夫は陰性確認後、午後から出勤しました。

私は体調不良だし、土日を家族で缶詰で過ごすのは、なかなか大変ですね。

夫には今回感謝してもしきれないくらいお世話になりました。

39〜40度が続く(発熱3〜6日目)

陰性を確認してホッとしたのもつかの間、午後から夜間にかけて40度近い熱が出るようになりました。

ロキソニンを飲んでも38度前後。ダルさと関節痛で全然動けない

インフルエンザのひどい感じに似てる。

他には、発熱する前から、喉の片側の腫れ、頭痛と歯痛があったけど、どんどんひどくなっていく。

こんなに安静にしてるのに、なんてやっかいな風邪なんだと思ってました。

別のクリニックを受診、2回目のPCR検査実施と電話診察(発熱7日目)

全く軽快する方向にいかないので、前とは別のクリニックを受診しました。

ちょっと前のクリニックに不信感を持ってしまったので、また行く気にはなれず

ところが、、、

今回受診しようと思ったクリニックは、発熱患者については電話診療が基本とのこと。

前医でコロナ陰性と確認してると伝えても、再度PCR検査をしないといけないとのこと。

どちらのクリニックに受診するか迷った結果、診察して薬を出してもらうのは同じだし、と安易に考えて、前とは別のクリニックを受診しました。

PCR検査をもう一度受けるのは意味あるのかと思いましたが、当日中に検査結果も出て薬も処方されるのなら問題ないと判断しました。

再度PCR検査を受けました。

子どもたちは学校、夫は会社に行っていたけど、私が検査受けたことを伝えると、夫は会社を早退して子どもたちを学校に迎えに行って、給食食べずに帰ってきました。

万が一を心配して先を読んで行動してくれた夫に感謝です。

私は、そこまで頭が回っていなかった。

ここまで夫に動いてもらってしまうのなら、PCR検査を受けずに前医に診察受けたほうが良かったなと後悔しましたが、もう遅い。

発熱で正常な判断が自分はできていないと実感しました・・・。

その後、結局は当日中にコロナは陰性と確認できて、その後電話診察で抗生剤(クラビット)を出してもらいました。

電話での問診では、40度近い熱が5日近く続くこと、他院で処方されたロキソニンが効かないこと、喉が腫れてる気がすることを伝えました。

その時は、甲状腺の病気だなんて1ミリも思ってなかったので、抗生剤を飲んだら治ると信じてました。

抗生剤をのんでも全く効果なし(発熱8〜10日目)

亜急性甲状腺炎には、抗生剤は効きません。

3日間飲んでも効果なしでした。

全然快方に向かわず、むしろ悪化。

筋肉痛と頻脈が出てきました。

筋肉痛は、ランニングした翌日のような感じです。

ずっと寝てるだけなのに、この筋肉痛はおかしい。

頻脈は、測ったら1分間に90〜95回。寝てる時に心臓の音が聞こえすぎて怖い感じ。

私の場合、Nintendo Switchのリングフィットアドベンチャーで運動したあとの脈拍と同じです。

寝てるだけなのに、この頻脈はやっぱりおかしい。

喉の腫れも、よくよく観察したら甲状腺が腫れてる!?と初めて甲状腺に気がつきました

それまで、喉の腫れはリンパの腫れと思ってたのですが、喉の真ん中に蝶々が見えるなぁと自覚したんです。

甲状腺が炎症を起こして壊れて、明らかに甲状腺ホルモンが亢進していたんですね。

めちゃくちゃネットサーフィンして甲状腺疾患について調べました。

ネットに書かれていた亜急性甲状腺炎の特徴として、喉を触ると飛び上がるほど痛く感じるとあったのですが、私は放散痛として頭痛や歯痛はあったけど、喉の腫れを触っても全然痛くありませんでした。

甲状腺ホルモン亢進による手の震えも私はありませんでした。

体重減少も、この時はまだ気になるほどではありませんでした(その後1か月で4キロ痩せたというかヤツレタ。)

なので、甲状腺の病気かもしれないけど、違うかもしれないし、でも寝てても悪化するばかりだしという堂々巡りで、思い切って診察をしてほしいと頼んでみることにしました。

電話診療したクリニックに電話して、抗生剤もロキソニンも全く効果がなく、40度近い熱が1週間続いていること、甲状腺が腫れてる気がすること、電話ではなくて直接診察してほしいことを伝えました。

クリニックの電話受付の女性は、初めは発熱患者は基本電話診療のみですと言っていたのですが、私のこれまでの経緯の説明を聞いてくれて、そして私の死にそうな声に同情してくださり(泣)、クリニックの院長に確認してくれて、急きょ診察してくれることになりました。

診察でやっと亜急性甲状腺炎と診断された!(発熱10日目)

電話の後、すぐにクリニックに向かいました。

通常の入口とは別のところから別室に通してもらい、まずは看護師が血圧や脈拍を測定して、喉の腫れを確認してくれました。

また、電話で話した内容を改めて伝えました。

この時は体調が最高に悪化していて、クリニックに着くまでに心臓がバクバクして死ぬかと思いました。

でも、やっと診察してもらえるのでとっても嬉しかったです。

医師が喉の腫れを確認し、やっと亜急性甲状腺炎と診断されました。

ところが、甲状腺の専門医ではないため、治療薬のステロイドはこのクリニックでは処方できないとのことでした。

また、専門医にて血液検査や甲状腺のエコー検査をする必要があるとのことでした。

なので、翌日に甲状腺専門のクリニックに受診し、なんとか治療を受けることができました。

まとめ

発熱39~40度の熱がずっと続いていると、38度になった時がとっても楽になるんですね。

こんなに高熱が続いたのは生まれて初めてだったのですが、正常な判断ができてなかったなぁと、今回ブログを書いていて思いました。

やはり、初めに受診したクリニックに再度受診していれば良かったですね。

そうすれば、別のクリニックでPCR検査を2回目受ける必要は無かった

正確に診断される可能性は電話診療より直接診療のほうが確実に高い

コロナ禍でクリニックも大変な状況の中だったから、仕方ないのでしょうね。

リスクがある中、発熱患者の私を診察してくれたのだから、本当に感謝です

甲状腺の専門医によると、亜急性甲状腺炎の患者さんは、専門医に来院するまでにヘロヘロに体力消耗している場合が多いそうです。

私もその1人になりました(笑)

まだ服薬中で、ランニングなどの激しい運動もドクターストップですが、無事に元気になれたから本当に良かった。

この経過ログが、誰かの参考になれば幸いです。

長々となってしまいましたが・・・

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村