雑記

【かがみの孤城・感想】登校拒否・不登校に悩む親におすすめ

紅葉の中にたたずむ孤城

転校してから、登校拒否気味になった小学4年生の娘。

初めてのことで、親としてかなり悩んでる時に、この本に出会いました。

不登校の中学一年生が主人公2018年本屋大賞受賞作です。

自分の気分転換、そして子どもに接する心の持ちようの参考になればいいなと思い、本書を手に取りました。

ところが、読んでみたら、いやはや、ビックリ。

想像以上に面白くて、後半からは最後までページをめくる手が止まりませんでした。ほぼ徹夜で最後まで一気に読んでしまいました。

読了後の爽快感・スッキリ感・高揚感が最高です。ミステリーや推理小説好きな人は大満足すると思います。

心温まる、優しい文章がたくさんあり、登校拒否に悩む親としては、心の拠り所になる本でした。

とても良かったので、紹介します。

※ネタバレを含む内容は、折りたたんであります※

あなたを、助けたい。

学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。

輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。

そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた―― なぜこの7人が、なぜこの場所に。

すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。

生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。

ーポプラ社 書誌情報より抜粋ー

中学生の頃の繊細な感情を思い出す

お城に招待された7人(こころ、フウカ、アキ、スバル、マサムネ、リオン、ウレシノ)は中学1年生から3年生。主要キャラの心情が、辻村深月さんの包み込むような優しい文章で表現されています。

中学生はそうだったよね、今なら些細なことと思えるけど、たくさん悩んだよねと、アラフォーのおばちゃんは昔の自分を思い出します。

登場人物は、みんないい子です。

「いい子」という表現は違うかもしれないのですが、お城に集められた子達は、みんな心の中で、一生懸命頑張っていました。

闘っていました。

そして、仲間を大切に思っていました。

表面からは伺い知れない部分を辻村さんの文章は、しっかりすくい上げていました。

学生時代を乗り切った私としては、本当に、みんな頑張って大人になってね、と思わずにはいられませんでした。

作中では主人公・こころの不登校の原因となった、美織という人物もまた、掘り下げたら色々な思いがあって至った行動なのだろうなと、ストンと思いました。

不登校の子を持つ親に共感

主には、こころのお母さんですね。こころの母の心情は深く書かれてはいませんが、娘と接するときのやりとりが、痛いほどよくわかる。

  • 色々手を尽くしてフリースクールの手配をしたのに、通えない娘にイライラしてしまう。
  • なるべく平静を装うけど、態度でイライラを出してしまう。
  • 態度で娘を責めてしまう。
  • 学校で何があったか言ってくれない娘と、どう接すればいいかわからなくなる。
  • ごはんやお弁当はしっかり用意する。
  • 味方であることを娘にはっきり伝える。

こころのお母さんの行動がわかりすぎて、悲しくなってしまいました。

こころのお母さんは、不登校の原因がわかるまで、どんだけ自分のことを責めたことか・・・。

でも理由を言えないこころの気持ちもよくわかる。

小学4年生の娘も読んで面白かったそうです

本書をリビングに放置していたら、いつの間にか小学4年生の娘も読んでいました。

理解しているんかいな、と思って色々質問してみたのですが、ちゃんとわかっていたので驚きました。

7人の中学生の、お城での会話のやりとりが面白かったそうです。

本書は子どもでも読みやすいと思います。

青い鳥文庫の黒魔女さんが通るシリーズを読める子なら、楽しめるんじゃないかと思います!

こころのようなイジメを受けたら、学校は無理して行かなくていいけど、その時は何があったか親に教えてほしいなと伝えました。「えー、やだー」と言われちゃいましたがね。

中学生は情緒不安定な時期だから、こころが受けたような事は、あるあるだよと伝えました。

本の内容について、軽いところから、重いところまで、色々話し合いました。

  • お城の4人の男の子の中なら、誰が一番好き?やっぱりリオンかな〜?と冷やかしてみた。→ノーコメントを通されました
  • ハリー・ポッターのロンってどんな人?と質問された→ネットで画像を見せてあげる
  • 昴って歌あるの?と質問された→私もよく知らないけど、名曲なんだよ
  • いじめられた側が、いじめる側になることがある(お城の女子3人とウレシノの関係から)
  • 学校に通うということの意味(理不尽も含めて、人との関わり、集団生活の免疫を付ける場所なんだよと伝えました。かといって、それが社会の全てではなく、学校という特殊な社会であることを伝えました。)
  • フリースクールの存在について(学校に通いたくても通えないなら、選択肢はいくらでもあること、道は1つではないことを伝えました。)
  • 学校に通うことで得られるものについて勉強だけではないんだよ)
  • いじめる子の心情を解説(小4には美織の嫉妬について、心情理解は難しかった)
  • 話が通じない先生、無神経な先生ってのは、実際に多々いること(もちろん、立派な先生もいること)
  • 自分が萌ちゃんの立場だったら、どう振る舞うか質問してみた→同じようにしてしまうと思う、との素直な回答でした
  • マサムネの親みたいな人っているの?と質問された→いるいる。有名なユーチューバーの親で、いるよ〜とお伝え。

同じ本を読んだからこそ、色々話し合うことができました。

本書に、とても、とても、感謝です。

気になったことです。ネタバレの内容が含まれるので、折りたたんでいます。知りたくない人は、この一文をクリックしないでくださいね。

 

ウレシノの母親は、見た目から庶民と思われるけど、不登校の対処法として留学を検討するってところで、作者の意図が気になりました。

留学がもっと身近でお手頃価格になってる未来設定なのかな?もしくは、単にウレシノの母親は、見た目庶民だけど実は裕福って設定なのかな?

どっちを想定して辻村さんは設定したのかが気になりました!

前者かな〜。

それなら、ウレシノは英会話クリアしてるのかな〜。10年後、20年後は小学生から英会話が必須科目で、みんな話せるのが当たり前なのかな〜。

あと、スバルが大ヒットゲームのディレクターになれたのって、本人の努力ももちろんだけど、きっとマサムネと未来のゲームを沢山一緒にやったからだよね。

どういうゲームが未来で大ヒットするのかを、記憶の奥の方で覚えていたんじゃないかなぁ、

今、大活躍している、例えば「どうぶつの森」の制作に関わった人達の中にも、不思議な体験をしてる人がいるのかもしれないね。それは、とっても素敵なことだよね。

と、娘とお話しました。

マンガ版もあります

ヤングジャンプコミックスで、本書を原作として漫画が連載中です。

小説を読了後に、ネット上で少しだけ試し読みをしてみました。小説を忠実になぞっている印象です。

「まんが王国」のサイトはこちらです↓



漫画だとどうしても絵で表現されるので、本書の醍醐味である最後のネタバレをどのくらい隠し通す(もしくは、あえて表現する)のかが、描く人は塩梅が難しそう!

ネタバレ部分について、どのくらい小説の文章を表現しているのか、結末を知った上で漫画を読むのも楽しめそうです。

どうしても自分が思っていた人物とビジュアルが違うという違和感がある場合は難しいでしょうが、漫画は漫画と割り切れるなら、とても綺麗な絵柄なので、読んで楽しめると思います。

ちなみに、私はマサムネは短髪だと思っていたのと、萌ちゃんはキレイ系というより薄い色素の巻き髪ロングのカワイイ系を想像していました。自分の想像とのギャップを比べながら読むのも楽しいです。

まとめ

辻村深月さんの小説は初めて読んだのですが、こんなに面白くて心が温まる小説に出会えて、とても嬉しいです。

学校が舞台の小説をたくさん執筆されている方なので、もっと読んでみようと思いました。

イヤミスと言われるジャンルの本をよく読んでいた私ですが、今の私には読後感が良い本でないと、メンタルがやられるので、辻村深月さんの本なら大丈夫そうです!

読後は、それぞれの登場人物のその後を想像して、嬉しい気持ちになります。

私のように、子どもの登校拒否に悩んでる方は是非読んでほしいです。

鬱々とした気持ちを吹き飛ばす、話の面白さでした。

最後のページまで読み終えて、自分の頭の中のひとつのパズル作品が、ピッタリはまって完成した快感を覚えました。

ミステリーや推理小説好きの方にも、強く強くお勧めします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村