雑記

【3人目の壁を乗り越えた理由】優先順位を変えた出来事と、夫婦で話し合うことの大切さ。

3人目の壁

子どもが3人いると、体力的にも金銭的にも、何かと毎日が大変になることは予想がつきますよね。

そのとおりでした(笑)

3人目を迎えたいと考える時、その壁を乗り越えるのは、けっこう勇気がいりました。

2人目までは、自然な流れで出産に至ったけど、3人目は乗り越えるべきものが多すぎますね。

今いる子どもたち2人で充分なのではないか、でももう1人ほしいって、当時悶々と悩みました。

この記事で書いている事
  • 私が3人目に挑戦しよう!と思えたきっかけ
  • 3人目妊娠の前に夫婦でとことん話し合うことの大切さ(主に金銭面)
かもねむ堂ひよこ
かもねむ堂ひよこ
私の経験が、子どもを何人持つか考えている方の参考になりましたら幸いです。

人生の優先順位を変えたのは、身内の死

私の場合、そのハードルが低くなった理由があります。

特殊な理由かもしれません。

身内が亡くなったことです。

婚約・結婚・出産2回と自分の環境が大きく変わる10年の間に、母と姉の死を経験しました。

生と死についてとか、人生で自分は何を優先したいのかとか、すごく考えることになりました。

ちょうど2人目が3歳の頃です。

そして、金銭的、体力的な心配はあるけれど、3人目を迎えたいって決断になりました。

夫はずっと金銭的に余裕を持っておきたいという理由から、3人目には否定的でした。

ですが、ニ人目が3歳を迎えたタイミングは、今後の住居をどうするかや、教育費の見通しが少し見えてくる時期でもありました。

赤ちゃんのお世話から解放されて、毎日の生活にも余裕がでてくるタイミングでもありました。色々話し合った結果、私の考えを尊重してくれました。

将来的に、この子たちにはイトコができない家系なんだなぁとか、30年先のことを考えて夫婦で話し合ってくうちに、もう一人子どもがいたほうが、もっと幸せになれるはずという結論になりました。

もし、パートナーと子どもの数で意見が合わないという悩みを抱えている方、子どもが3歳になって少し手が離れてくると、また考え方も変わる可能性はありますよ。

今は、夫が外で働き、妻が家を守る体制

頑張って3人目を産んだものの、結局キャパオーバーで、現在専業主婦となっています。

こうなることは想定していて、住宅ローンを夫婦2人で組むことは怖くて手がでませんでした。

住環境は妥協しているけれど、住めば都です。

あとは、3人目が小学生になってからでも、正社員になる見通しがつく資格を持っていたことも、退職を選べた理由です。

ビーカーと試験管と花
【女性が「手に職」をつけるメリット】看護師や薬剤師の資格は最強!専業主婦期間の不安を軽減。「手に職」をつけておけば、子育てで社会人としてのブランクがあった後も、再就職には困らない。 母親一人でも子どもを経済的に養っていけ...

↓3人目が幼稚園に入園してから、実際に就活してみた記事はこちら。

幼稚園の間だけパート薬剤師。断念した理由。
【パート薬剤師】幼稚園の間だけ働ける?就職活動した結果と、採用辞退した理由ブランクからの復帰。ペーパー薬剤師が扶養内パートで就職活動した記録。3人子育て真っ最中だけど、幼稚園バスの送迎の間だけ働きたい!...

夫婦でとことん話し合える関係を

3人目の妊娠を考えるにあたり、夫婦でどこにお金をかけるか、かなり話し合いました。

夫婦でとことん話し合って意見を一致させておかないと、大変なことになります。

やっぱり、子育てにはお金がかかりますからね・・・。

お互いにとって、耳が痛くなるような話題でも、とことん聞いてもらえるような夫婦関係がないと、子育ては辛くなる。

納得した今の環境であっても、3人の子育ては大変だから、イライラして夫に当たってしまうことはあります。

もし、夫の理解がなくて、自分が納得して選んだ環境でもなかったら、毎日の家事と子育ては本当に大変なストレスです。

そもそも、話し合いができない夫だったら、私自身にとっても、子どもにとってもリスキーなだけなので、3人産みたいとは思わなかったでしょう。

まとめ

気力体力使うし、金銭的にも厳しくなるけど、未来の希望として3人目を望みました。

自分にとって何が大切か、しっかり考えて夫婦で話し合って出した結論なら、どんな結果となっても納得できるものです。

今後もどうなるかわからないのですが、どんなに大変であっても、3人の子どもに恵まれて良かったという気持ちは変わりません。

子どもを何人持つか考えている方の、参考になりましたら幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

\ブログ更新の励みになります/
(1日1クリック有効)
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村