ランニング

【レガシーハーフマラソン】初心者が完走するための、ペース配分を計算してみました

初心者ランナーのハーフマラソンのペース配分

2022年10月16日(日)に開催される、第一回東京レガシーハーフマラソンに出場予定です。

フルマラソンは、まだ挑戦したことがないアラフォー主婦ランナー。

ハーフマラソンは5年以上前に1回だけ完走してます。制限時間に余裕がある大会だったので、なんとかなりました。今回が2回目になります。

大会1か月前をきると、メールで事前受付の時間予約をしたかとか、体調管理アプリのインストールをしてくださいとか、大会当日の流れの案内とかが来るようになりました。

大きな大会なので、郵送物は一切なく、すべてスマートフォン上でやりとり。前日か前々日の事前受付で、ビブス(ゼッケン)、記念品の受け取り、PCR検査などをするそうです。

大変効率的で良いですね。

せっかくなので、事前受付の時は、都心を楽しんでこようと思います。

体調管理アプリ体調管理アプリは10/9から毎日入力が求められています。入力日時もバッチリ履歴に残るので、あとでまとめて・・・はバレちゃいますね笑。画像は試し入力期間中です。

レガシーハーフマラソンの関門は3か所

大会が迫ってくると、気になってくるのは自分が当日完走できるかということ。不安です。

以前に完走したちばアクアラインマラソンは、制限時間が3時間20分だったのですが、今回の東京レガシーハーフマラソンは2時間45分です(第2ウェーブ開始時刻をスタートとして計算)。

関門3か所を超えられるか、心配でしょうがない!ってことで、キロ何分で走ればいいか目安を知りたくて、表を作ってみました。

どんだけ心配症で暇人なんだよって自分で自分に突っ込んでおきます。。。

時刻 距離 地点 キロ何分ペース
8時20分 0キロ 第2ウェーブスタート地点
9時43分 10.4キロ 須田町交差点関門閉鎖 7分58秒/キロ
10時20分 15.4キロ 飯田橋交差点関門閉鎖 7分24秒/キロ
11時01分 20.6キロ 国立競技場入口関門閉鎖 7分53秒/キロ
11時05分 21.0975キロ 競技終了地点 8分02秒/キロ

思っていたより、ゆっくりペースで大丈夫でした!

スタート地点では、始めは少し渋滞していることを考慮しても、キロ7分~7分30秒で走れば十分完走できますね。

嬉しいことに、ペースセッターがコースを走ってくれるので、私は2時間15分フィニッシュと2時間30分フィニッシュのペースセッターさんの合間を走ることを目標にします。

給水所は6か所もあって、その6か所のうち4つにはスポーツドリンクも置かれるそうです。

給食は記載無し。各自の責任で管理だそうなので、持ち込みは大丈夫そう。糖分補給のため、ラムネを持参しようと思います。

あと、走る前にウィダーインゼリー2つと、おにぎり1つを食べるつもり。完走した、ちばアクアラインマラソンの時と同じメニューで完走を願掛けします。

ハーフマラソンの1か月前に実践練習

実践練習と思って1か月前に2時間走をしました。

この調子で走れれば、完走できそうです。

頑張りすぎて、少々左ひざと左股関節が痛くなったので、無理は禁物ですね・・・。

実践練習は1か月前にしておいて正解でした。本番までの残り期間は、5キロくらいをチョコチョコ走ります。

ランニングを習慣にしようと思って走り始めたのは去年の6月。

だいたい月に30キロ~70キロ走っています。1回に走る距離は5キロ、長くて10キロくらい。

もっとストイックにガッツリ走りたいところですが、そこまでの脚力・体力・気力は持ち合わせていませんでした(汗)

ただ、始めた当初は3キロも走り続けられませんでした。ペースも頑張ってキロ7分30秒でしたが、今はキロ6分ペースで走り続けられるようになりました。

専業主婦で家にいる時間が長いですが、体型を現状維持できているのは、ランニングのおかげかもしれません。

まとめ

東京レガシーハーフマラソンは、キロ7分~キロ7分30秒ペースで十分完走できることがわかりました!

本番は陽射しがテリテリだったり、雨だったりもあり得るので、このペースで完走できるのは本当に安心です!

ハーフマラソンを前にして、不安でしたので記事を書いてみました。

PCR検査に引っかかったりすることなく、無事に走れますように。。。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ネモフィラ
【朝ラン】子育て中の主婦が早朝のランニングを始めた理由早朝にランニングを始めました。 なぜにアラフォーの専業主婦(子ども3人)が、朝に走ろうと思ったのか書きますね。 走るのなんて...

\ブログ更新の励みになります/
(1日1クリック有効)
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村