雑記

【2歳児を自宅保育】子どものペースに合わせられる幸せと、ちょっとばかりの孤独と。

松ぼっくりを指さす2歳児の手

2歳児と24時間一緒の生活は、自分のペースで事がすすまないので大変疲れます!

引っ越しをして1か月。
やっと新生活に慣れてきました。

末っ子2歳児と24時間一緒の生活をして、感じたことを書いています。

全体的には仕事を辞めて良かったと思えますが、想定していたとおり、少しばかりの後悔がありました。

生後半年から預けた保育園を退園し、2歳半から自宅保育となった末っ子とずっと一緒

末っ子は、一年間は自宅保育です。

私が仕事と家庭のことに限界を感じ、第二子の小学校入学と引っ越しのタイミングで、思い切って退職を選びました。

仕事は辞められるけど、家のことを投げ出すことはできないので。

子のペースに合わせて過ごせる時間はプライスレス

思ったより、グズらない2歳児。

働いていた時は、平日の朝は支度で大忙し、帰ってからは寝かせるまでの支度で大忙し。

オンとオフの切り替えが上手にできない私は、仕事のことを考えてしまい頭の中はフル回転。とにかく急いでもらうことばかり頑張っていました。

子どもの気持ちに寄り添ってあげる余裕がありませんでした。

仕事がお休みの日は、お休みの日にしかできない、やらなきゃいけない事に追われるのと、私がエネルギー切れで、寝込むような生活でした。

何もしない余白が必要だった

今は、子どもの気持ちに寄り添う余裕が私自身にできました。

当たり前ですが、子どものやってほしいことに寄り添うと、子どもの機嫌が良くなります。

寄り添うためには、私には心の余裕、時間の余裕、体力の余裕が必要だったんだなと思ってます。

無理な時は無理しないができる幸せ

スボラな人間です。忙しい時や、疲れて一人で居たい時は、iPadにもお世話になっています。

アンパンマンやトーマスのアニメなどなど。

母親業だけの生活に、いっぱいいっぱいにならないよう、無理しないよう気をつけています。

午前中の末っ子の機嫌がいい時間を、母子二人でのんびり過ごせる時間は、本当にプライスレスです。

夕方からは上の子達が居るので、私が完全にワンオペではないことも、かなり大きいです。

小4,小1の上の子が一緒にお風呂に入ってくれたり(もちろん、危険が無いように見張ってます!)、私の家事中に、上の子達が末っ子2歳児と遊んでくれて、とても助かっています。

仕事を辞めましたが、子ども3人のお世話や家事に追われる朝5時〜9時と夕方16時〜21時は、やっぱり自分との戦いなのは変わりありません。忍耐というか、自分の精神、感情との戦いは変わりないです。

でも、仕事してた時より精神的な消耗が少ないから、本気で怒り狂うことは無くなりました。

仕事を続けとけばよかったと思う瞬間も

瞬間、瞬間で、やっぱり仕事しとけばよかったなーと、思うことがあります。

末っ子が保育園で楽しんでいた手遊び歌を一人で歌っていた時。

上の子の用事に付き合わせてばかりの1日だった時。

お菓子を買う頻度が節約のために減ったなぁと感じた時。

公園で母子で遊んでいて、同年齢の子と遊ぶ機会を奪ってしまったなと感じた時。

私は、保育園で思い切り遊んでいた頃と同じくらい、子どもを楽しませてあげられているのだろうか、とふと思います。

子どもにとってどちらが良かったか、わかりません。

私にとっては、子どもとゆったり過ごせる時間を持てて良かったのですが、せっかく慣れていた保育園を、引っ越しと退職により、親の都合で退園させてしまい、申し訳ないなと感じることが、多々あります。

自分自身に居場所・コミュニティがどこにもない不安と焦燥感

10年ワーママしてきて、妻でもなく母でもない、私を必要としてくれた職場のコミュニティは、とてもありがたい存在だったと感じます。

今まで育児休暇を取っていた時期に感じていた、家にしか居場所がないと感じる閉塞感。

育児という正解がない作業に、自信を持てないことからくる不安と焦燥感。

こういう気持ちになることは想定内だったけど、やっぱり寂しいものです。

私が家に居るより、むしろ外に働きに出ていたほうが、子どもは私以外の社会とのつながりでどんどん成長したのではないか、という気持ちが夜に悶々と湧き上がってきます。

特に、小学生になったばかりの第二子が、僕も学童に行きたいと言った時。

そこは、他の習い事などで楽しいことを見つけることで解消しようと思ってますが、自分の人生の選択(仕事を辞めたこと)に、本当にこれでよかったのだろうか、と考え込んでしまうことは、あります。

第一子が学校に馴染めず登校拒否気味であることも、その気持ちに拍車をかけているのですが。

ですが、自分で選択した決断なので、ここはどっしり構えて、これも親業と思って過ごしていこうと思います。

その日決めたタスクを1つできればOKの精神で

ゆるーく過ごすことが、家庭の平和に繋がることを実感する日々です。

私が頑張りすぎると、思い通りにいかないイライラが子ども達に繋がり、雰囲気が最悪になります。

今日は押し入れのこの部分を整理できればOK

今日はおやつにいちごサンドを手作りできればOK

今日はサッカーボールで一緒に遊んであげればOK

何か一つ、これだけ頑張ろうという小さな目標を立てて、それ以外は思い通りにいかなくても「まぁいっか」と思えるようになりました。

上の子たちや、夫へ向かってしまっていた「私はこんなに頑張っているのに~」って感情が、この思考で和らぎました。

まとめ

まだ新生活を始めて1か月。

これからどうなっていくのかわからないこの時間を、大切に過ごしていきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村